【カクテル豆知識】ジンバック、ラムバック、ウォッカバック…カクテル名によく付く「バック」の意味ってなに? 2017.5.29

世の中にはさまざまなカクテルがありますが、ジンバック、ラムバック、ウォッカバックなどなど、「バック」がつくカクテルってとても多いと思いませんか?
 
実は「バック」というのは、スピリッツ(カクテルのベースになるお酒=ウォッカ、ジン、ラム、テキーラなど)にレモンorライムを絞り、ジンジャーエールで割ったロングカクテルを指すのです。
 
ちなみに「バック」は英語で”back”ではなく”buck”と書きます。これは英語で「雄の鹿」という意味があり、一説では雄鹿の蹴りのように、キックのあるカクテルという意味合いがあると言われています。
 
柑橘系フルーツ果汁の爽やかさと、ジンジャーエールのピリッとスパイシーな味わいで、いつでも誰でも飲みやすいカクテル。皆さんもお好みのスピリッツで頼んでみてはいかがでしょうか?