【カクテル豆知識】バラライカって 2018.11.14

ロシアが発祥のカクテル バラライカ!!

 

こんにちはクラフトカクテルです。

今回はバラライカについてご紹介致します。

 

バラライカの起源

バラライカというカクテル名はロシアのウクライナ地方の弦楽器からつけられて名前だということは

ご存知でしたでしょうか。

弦楽器のバラライカは三角形をしており、その形が逆三角形のカクテルグラスの形と

似ていることからその名がつけられました。

バラライカはブランデーベースの人気カクテル「サイドカー」をアレンジしたもので

ブランデーではなくウオッカを使うことでよりレモンなどの柑橘の香りをストレートに

楽しめるようになっております。

日本でバラライカの名前が知られるようになったきっかけは映画「ドクトル ジバゴ」

で楽器が使われたことにより知名度が上がりました。

 

そしてバラライカのレシピはウオッカベースを変えることにより有名なカクテルに変わります。

テキーラ   →    「マルガリータ」

ジン     →    「ホワイトレディー」

ラム     →    「X・Y・Z」

ブランデー  →    「サイドカー」

 

バラライカの基本レシピを覚えておけば色々なカクテルに繋げられますね!!

 

バラライカレシピ

・ウオッカ       30ml

・ホワイト・キュラソー 15ml

・レモンジュース    15ml

 

作り方

①シェイカーにウオッカ ホワイト・キュラソー レモンジュースを注ぎます。

②シェイカーに氷を入れてシェイクします。

③グラスの注いで完成です。

 

味わい

柑橘系の香りをストレートに感じることが出来きる爽やかで口当たりの良いカクテルです。

アルコール度数も高めですが大変飲みやすいので酔っぱらい過ぎないように注意です。

 

今宵はクラフトカクテルで飲み口爽やかバラライカを楽しみましょう。