【カクテル豆知識】モヒートって!? 2018.10.3


こんにちはクラフトカクテルです。
今回はモヒートについて説明させて頂きます。

モヒートの起源
モヒートの歴史はとても古く1568年「リチャード・ドレイク」という
人物がモヒートの元となる「エル・ドラケ」というカクテルをキューバに伝えたという
説が有力です。
その当時はラム酒ではなく「アグアルディエンテ」というサトウキビの風味が特徴的な
ラム酒と比べて荒いお酒で作られていました。
なんとそのアグアルディエンテは現在でもコロンビアで
飲まれており多くの人に人気なお酒です。

そして時代は流れ.
「エル・ドラケ」は19世紀後半にベースの酒を現在でも有名な「バカルディラム」
を使い作られるレシピになりました。

モヒートの名前の由来は諸説ありますが
アフリカの「魔法をかける」という意味を持つ「モジョ」という言葉
からついたという説が有名なものの1つです。

モヒートレシピ
・ラム
・タンサン水
・ミント
・シロップ
・ライムジュース

作り方
①グラスにラム・ミント・シロップ・ライムジュースを
いれてペストルでミントを潰して香りを出します。

②クラッシュアイスをグラスに敷き詰めタンサン水を優しく注ぎ
バースプーンでミントを上に持ってくるように混ぜます。

味わい
贅沢に使ったミントの強く爽やかな香りにライムの柑橘の香りと
ラムとシロップの甘さを同時に楽しむことのできる
飲みやすいカクテルです。

クラフトカクテルでもお作り出来ますので
ここまで読んで飲みたくなったお客様はクラフトカクテルでモヒートを飲みましょう。