ハードボイルドなあなた、今夜は「ジャックダニエル」ロックでどうですか? 2017.8.27

こんばんは!今夜は知っている方も多いであろう、このアメリカンウイスキー「ジャックダニエル」のご紹介です。

さて、このジャックダニエルですが、実はアメリカ最古の蒸溜所なのです、ご存知でしたか?

まずジャックダニエルですが、名前のあとに「OLD No,7」と書かれているのをご存知ですか?これ結構重要なんです!

その昔、1904年ミズリー州セントルイスにて開催された万国博覧会で、世界各国のウイスキーのコンテストが行われ、その中で金賞を獲得し、たちまちジャックダニエルの名を世界に轟かせました。

さてオールドNO.7の逸話はですが一説によると、このジャックダニエルのレシピは、創業者ジャック・ダニエル氏の、7番目の試作品だったそうです。
なのでNo1〜No6までのお蔵入りのジャックダニエルもあったんですね!飲んでみたい、、、No8があったのかどうかは定かではありません。

そしてこのジャックダニエル社の本社があるムーア郡はなんとアメリカにも現代もまだ残る禁酒地方、それもなんと1909年の禁酒法施行以来郡内での酒類の販売が禁止されていうと聞くから驚きですね!ただし、禁酒法廃止後に成立した「特例テネシー州法」というものがあり、なんとジャックダニエルの蒸溜所では観光客向けの少量販売が認められています。そしてこの蒸溜所ではウイスキーが1本売れるごとにムーア郡に$3.50を寄付をしているそうです。

なんかジャックダニエルだけが特別扱いされるってすごいですね!さすがはアメリカを代表するウイスキーです。

どうですか?意外と身近にあるウイスキーですが、結構いろんな歴史が詰まっているのです。

今夜はクラフトカクテルのドアを開けてジャックダニエルでも軽く飲んで帰りませんか?

お試しあれ。